【感想】2020年 フェブラリーS

前記事、赤面するほどおセンチ(←昭和風)な記事になっていた。

感傷のだだ漏らし。恥ずかしすぎる。

多忙焦燥をきわめたこの1ヶ月のせいだ。新型コロナのせいだ。

 

まぁしかし、人馬の数だけドラマがある……のはホントだ。

ただ、今年のフェブラリーSで描かれたのはヴェンジェンスと幸ではなく、

最低人気で2着に食い込んだケイティブレイブ長岡騎手だった。

ケイティブレイブ。2年前ならきいた名前だ。

地方競馬で強い馬。ドバイで開腹手術を受けた馬。

 

この馬の力は、近6走の馬柱や左回り実績の4着以下数字ではわからなかった。

競走成績をさかのぼってみると、3年前のフェブラリーSで、

幸の手綱で0.5差の6着に入っていて(勝ち馬ゴールドドリーム)、

2年2ヶ月前のチャンピオンCでは

福永を背に0.3差の4着(勝ち馬ゴールドドリーム)。

ゴールドドリームを基準にすれば少しずつ差を詰めていたのがわかる。

しかも今回、ゴールドドリームをはじめとするノーザンの主力は

高額賞金狙いでサウジに行っていて、国内のダートG1は空き巣狙いが可能だった。

 

しかし、たとえそれらを考慮したとしても、

やはりケイティブレイブを買い目に入れるのは難しかったと思う。

‘ケイティは逃げ・先行脚質の馬’ だという観念が頭に染みついているし、

「(近走を観て)開腹手術の影響あるよな」

「騎手・長岡って誰だよ」と、どうしてもそこに引っかかってしまう。

 

長岡禎仁。

この名前、知ってる競馬ファンはどれほどいるのか。

私はまったく知らなかった。この3年以内にデビューした新人かと思っていた。

禎仁。これでヨシヒトと読むのか。

私はテイジンと読んでいた(繊維メーカーか!)。

 

レース映像見て、

「初G1のくせに戦法変えてくるなんて度胸あるな」と感心したのだが、

どうやらこの脚質変更作戦は、馬主である瀧本和義氏の発案らしい。

p.nikkansports.com

 

使うレースと戦法と騎手を指定するぐらいだから、

瀧本氏はここ2戦の惨状がよっぽど腑に落ちず、また腹に据えかねてもいたのだろう。

記事内の談話 ↓ にそのときの切実さがにじみ出ている。

 

騎手は長岡でいってほしい、とお願いしました。結果が出ていない馬なのでトップジョッキーだと乗ってくれなかったかもしれないし、こちらの思いは伝わらなかったと思う 

 

‘学校内における自分の子どもの現状に歯がゆさを感じている親’ に近い感覚である。

35人の中の1人や今までの教え子の中の1人ではなく、

『その子』の可能性を見て対策を模索してほしい――というような。

 

ケイティブレイブの母馬ケイティローレルは、

冠名からもわかるように瀧本氏の所有である。

浦河荻伏の家族経営牧場で生まれ、JRAでデビューしたものの、

JRAのレースは未勝利(途中で園田転籍、そこで2勝を挙げて中央復帰)。

引退後は繁殖として静内のやはり家族経営の小さな牧場に預託され、

そこで産んだ初仔がケイティブレイブ

………(TдT) 

これが愛でなくてなんなんだ

重賞に顔を出したような エリート牝馬なら

自前で繁殖にする馬主は結構いるのだろうが。

 

uma-furusato.com

 また1頭、応援したい馬が増えてしまった……(´Д⊂ヽ

 

 

ところで例のヴェンジェンス。1.8差の10着。

左回りが苦手で、砂かぶると走る気をなくすのに加え、

今回は幸が位置取りを考えすぎたか迷ったか。

右回りのダートG1が中央競馬にない以上、

G1ウィナーの称号がほしけりゃ地方交流で獲るしかないが、

小足を使えるタイプじゃないのがネック。

とりあえず出直して、右回りG2を勝つことから始めにゃなるまい。

 

2020年 フェブラリーステークス

どうも当てるための予想にならない。

ギャンブルは他のレースでいいや、という気分。

物語はすべての人馬にあるが、

どの物語に肩入れするかは人によって違う。

 

どうやら私の中で、ヴェンジェンスに感じる切なさが

インティに感じるロマンを上回ってしまったようだ。

ただの思い込みなんだがね。

 

ヴェンジェンスの物語はどう完結するんだろう?

 

またもキングスガードが隣に入ったことで、

枠順の恣意性を感じてしまうが

 

とりあえず7番ヴェンジェンス

苦手な左回りで、慣れないマイルだが

がんばれ。そして無事に。

【感想】 2019年 ホープフルS

11番オーソリティは5着だった。なんとか掲示板を確保した、程度。

残念だけれど、まーしゃあない。レース映像を観るとスタートから7秒~10秒のあいだに、岩田騎乗の13番ラインベックに強引に前に入られて、下がらざるをえなくなってた。ラインベックは直後に7番ワーケアの進路も潰している。大外から一直線にポジション取りを敢行、他馬の動きなど見ない考えない。久しぶりにG1で、岩田の本領を目の当たりにした。

評判馬の中にワーケアという馬がいて、これが3着。前記事を書いてる時にはすっかり頭から消えてた馬だ。見逃したわけではない。馬柱にいっぱい印がついてる馬を「ざっと見た」のだから、見ていないはずはない。どうもワーケアという名前を意識にあげたくなくて記憶から飛ばしたようだ。名前の第一印象で、ワープアを連想してしまったのである。

 

勝った2番コントレイルはノースヒル生産馬。育成・放牧は大山ヒルズ。教育というからには、福永は馬ごみの中で競馬をさせるのかと思ったが、力量差の大きい13頭だったから馬混みというほど混みあってはいなかった。馬券はノーザン生産・ノーザン外厩組を中心にしても、気持ち的にはノーザン外を応援したい。だからこの結果には少しホッとした。デビュー前、コントレイルは球節が悪くて半年ほど乗れない時期があったらしい。「体が整うまで、乗れなくても待つ」見通しの余裕と資金力はマーケットブリーダーのノーザン・社台系列が一番だろうが、オーナーブリーダーのノースヒルもそれをやっている。経済的に難しかろうが、中小・零細牧場産の馬を買った馬主やそれを預かった調教師も右に倣えしてくれればいいのだが。

勝ち馬以外の「掲示板に入った馬」の中では、2着のヴェルトライゼンデと5着のオーソリティに将来性を感じた。ヴェルトライゼンデはしまいの脚を長く使えていた。オーソリティにはずっと外を回らされる距離損があった。どちらも早熟型ではない。春のクラシックに乗せるために焦って使いべりさせてほしくないと思える2頭だ。

3着ワーケアは一番厳しいレースを強いられた。鞍上のルメールはポジション取りを邪魔されて最後の末脚に賭けたわけだが、それが腱を強化することになるか疲労で立て直しに苦労することになるか、今の段階では何とも言えない。

4着ラインベックは、岩田のレース後コメントを読む限り「伸びずバテず」だったようだ。2000mはちょっと長いのかもしれない(逆にスローペースの2400m以上距離に適性がある場合も)。

6着以下の馬たちには、できれば十分に間隔をあけた上で、自己条件から進めてもらいたい。マイルや短距離に適性がありそうなのにここに出てきた馬もいれば、成長途上というにはまだ早すぎたような馬もいた。

個別には、たとえばパンサラッサは3月ごろまで体を増やすことに専念(デブにするのではなく)したほうがいいだろうし、ディアセオリーはディア冠名の他馬の例にもれず、大切なこの時期を手当稼ぎに消費してしまっている。

ゴールドシップ産駒のブラックホールは、気性に臆病なところ、または不器用なところがあるのか、案外な結果(9着)に終わってしまった。重賞を勝ってる以上、条件戦には出られない。厳寒期を利用して、馬体重を420kgから落とすことなく、成長を促しながらじっくり鍛錬できたら理想的だ。

最後に、最後方で追走一杯だったクリノブレーヴ。この馬こそちょっと真剣に、自己条件から始めたほうがいい。父オーシャンブルーの青森産馬が4歳夏に開花(OP入り)なんて夢を実現させることができたら、調教師の力量、厩舎力の評価が3段階はアップするし、遅咲き馬を扱うノウハウも手に入る。調教師の決断次第だ。

 

2019年 ホープフルS

足の踏み場なくとっちらかった部屋で、夜中にクリアファイルを踏んで危うく捻挫しかかった。いいかげん何とかせねばと思っていたところだったので、大掃除気分でおかたづけを始めた。しかし、おかたづけにも素質がいるようで、“最初にやるべき場所” を間違った。出入り口か机周りから始めればよいものを、押入れでもなんでもないのに押入れ化している奥の山から始めたのである。

出てきたのは1997年頃から2000年にかけての、当時は宝と信じていたゴミの数々。

POG本、競馬雑誌、写真月刊誌、映画や音楽ライブのビデオテープなどなど。その中に2000年発行の別冊宝島『競馬騎手年鑑』があったので、つい読みふけってしまった。

女性の選ぶベストジョッキー2位に渡辺薫彦、「加藤(和宏)の単勝は儲かる!!」は本当か?、廃止か存続か?高知競馬ジョッキーたちの胸のうち――。

特集のタイトルや武豊の若さに時代を感じた。2000年といえば、馬券を電話投票からゲーム機経由にした頃だっけ? 覚えていない。

そんなこんなで、部屋は散乱物の厚みで前よりもすごいことになってしまった。

 

そういうわけで、ホープフルはほとんど予想できてない。日程を明日日曜だと思ってたのもある。まさかの土曜日!

世間じゃ9連休と言ってる。どこの大企業の話だ?? みんなITエグゼクティヴか公務員か優良企業の事務職なのか??

新聞ザッと見て、評判馬と良血馬を確認。

2番コントレイル、5番ヴェルトライゼンデ、11番オーソリティ、13番ラインベック。

コントレイルは鞍上福永が「今後のための教育乗りをする」と予防線を張って?るので勝ちまでは怪しいかもしれん。

ヴェルトライゼンデは父ドリジャで、兄2頭とはどうも毛色が違いそうだ。中山に強い可能性は大きいが、祖父ステゴに似て興奮しやすかったらどないしょうかね。

ラインベックは、母にこれまでめぼしい結果の出た産駒がいない。

となると残るのは「ノーザン産、シルク、池添」に加えて「中山2000オープン勝利」のある11番オーソリティ。確かめてないが、100%、ノーザン系外厩からJRAトレセン帰厩組だろう。

もうこれでいい。これに決めた。逝ってきます。

【反省】 2019年 有馬記念

いやあああああ

タケ来ないでぇぇぇぇぇぇぇ

タケさん、ここで来るデスカ? 来たデスカ?

……あまりのショックに、ルメール語が脳裏をこだました。

 

三連単と三連複を逃したのはデカイ。

アーモンドアイが3着内に入ると配当は激安になる。赤字にならないために相手を絞らなきゃならなかった。

武をヒモに加えるなら池添やヴェロックス(川田ではない)も入れなきゃならない。そうすると福永まで怖くなる。ヒモ4頭とヒモ8頭、どちらを選ぶかといったらそりゃ前者だ。的中と儲け、どちらも欲しい。そうだ、外国人。こんなときこそ外国人。少ない投資で85%(推定)の自信があった。

……甘かった。日本人が「日本のコースは自分の庭だ」と強く自覚し、外国人の隙を狙ってどんどんアグレッシヴになってることをもっと重視すべきだった。

普段のG1では三連単どころか馬単すら滅多に買わない。当たらないことを前提にしてちまちまやってるのに、有馬記念ということで気が大きくなって、保険をかけなかった。「リスグラシューだ!イケる!これでイケる!」。人は何故、興奮すると万能感に満ちてしまうのか。こんなことなら馬単にガッツリいっときゃよかった。

 

16頭のうち、6頭はこれで引退。第二の馬生に幸あれ。

リスグラシュー、最後に素晴らしいレースをありがとう。まだまだ走れそうに思ったよ。繁殖生活に入るなら、じゅうぶん体が緩んでからにしてもらえたら、と願う。

レイデオロ、使い分け?候補になってしまってリズムを崩したな。弱いとは思っていない。いろいろしんどかったね。お疲れさまでした。

クロコスミア、あらためて戦績見ると、なだらかなコースが得意だったんだな。まだ体に余力があるうちに引退させてもらえてよかった。繁殖生活ではすぐに結果は出ないかもしれないが、功労馬として長く可愛がってもらえることを願ってます。

アルアイン、コースと枠番で買える買えないがわかったのは今年の大阪杯だった。せめて4枠くらいだったら掲示板下に来れたかも。お疲れさまでした。

アエロリット、気風のいい果敢な逃げ、今回も見せてもらいました。でも最後の激走、脚と体が心配です。君のおかげでG1が楽しかった。お疲れさまでした。

シュヴァルグラン、大外8枠16番から6着。君も福永も意地を見せた。戦績見たら、意外にも下位条件からたたき上げでG1の常連になった馬だった。若いころは苦労したんだな。お疲れさまでした。

2019年 有馬記念

豪華すぎる有馬記念。 

16頭中、ノーザン産馬は12頭。うちノーザン外厩に放牧に出されて戻ってきたのが10頭で、そのうちの4頭に外国人騎手が乗る。

枠順発表前はアルアインかスティッフェリオを狙うつもりでいたが、アルアインは外枠7枠13番になってしまった。

スティッフェリオは、騎乗予定の丸山が、昨日の中山メイン、グレイトフルSでロサグラウカ(牝4 ノーザンF産 馬主サンデーR)に騎乗、逃げて1着になった。グレイトフルSは有馬と同コース同距離。スティッフェリオは右回り得意な馬で、2走前の中山オールカマーで逃げて1着になっている。丸山はロサグラウカで有馬記念の試走をしたとみなすことができるが、かえって他陣営に警戒されるのではないか。その警戒が裏目に出てスティッフェリオ馬券内もありえないことはないが、グレイトフルSと有馬記念とでは馬&騎手のメンツが違いすぎる。なによりも丸山が二日連続メインで馬券になるとは私にはちょっと考えづらい。

 心情的に気になっていた馬はアエロリット、クロコスミア、キセキ、リスグラシュー

アエロリットはがんばる牝馬。ここは距離が長いのと東京じゃないのとで難しいかなと思っていたら、枠番大外8枠になった。逃げ馬にこれはしんどい。しかも天気予報では午後から次第に雨模様になるらしい。父クロフネ母父ネオユニで重馬場苦手なはずはないのに、彼女は力がいる馬場は得意でも雨や水残りが苦手なようだ。

クロコスミアは、この馬の買い時がわからないまま今日まで来てしまった。G1ではオサエとかなきゃならない馬と知ったのは、ついこのあいだのエリザベス女王杯。時すでにお寿司。やはり逃げて波乱を演出することが多い馬なのに外寄りの6枠12番。藤岡佑がどう乗るか。わからん。やっぱりわからん。

キセキは川田が乗らないのが衝撃だった。何故? 左回りに若干良績が偏ってるが、ヴェロックスよりキセキのほうが出る目がありそうに思うんだが。川田が選ばなかったのか選ばなかったのか、情報を詳しく見てないのでわからないが、これも去年から逃げ粘りの馬になってるのに外寄りの6枠11番。

 

で、リスグラシューリスグラシューには恩がある。この馬とレーンのおかげで宝塚記念をとれた(安かったけど)。だからここでもリスグラシューを中心視する。騎乗するレーンは、今日が初めての中山参戦。そのうえ乗るのは8Rと11Rの有馬、二鞍のみ。

普通には、ナメとんかって話である。が、二鞍とも芝2500m。そして調教師は曲者ギャンブラー矢作である。レーンは矢作のたつての願いで、特例の短期免許を得て再来日した。短期免許が交付されるとわかったときから、いや、その前から、矢作は中山2500の攻略のための情報をレーンに送っていたに違いない。初中山なのに同距離二鞍だけの騎乗というのも矢作の必勝戦略だろう。

なぜそう言えるかというと、矢作師が競馬界に飛び込まず大学を出て予備校講師になってたら、とんでもない Super Teacher になってただろうと思うからだ。アタマの偏差値が同じだと仮定すると、角居師は研究者向き、矢作師はギャンブル性を併せ持つ業種のネゴシエーター向きだ。ネゴシエーターに、有能教師的な資質は必須。

レーンはリスグラシューの性格や脚質を自分の手の内に入れている。あとはあのメンツの中で中山2500をどう乗るかだけだ。よって、矢作は東大文科二類(さすがに一類とはよう言わん)合格圏にあと30点足りないレーンに8Rという直前模擬試験を課すことで、不足を補わせる戦略に出た。と観る。

 

今年最後のG1ではないが、今年最後のグランプリである。そのバクチに乗りたい。

脇は外国人騎手で固める。外国人騎手は高額ジャパンホースマネーが欲しくて日本に来ているのだから。

【反省】 2019年 朝日杯FS

もひとつ信用できないはずのムーアが勝った。

もっとも不安点が少ないはずのレッドベルジュールは10着。

結局、人気どころを連のBOX、保険で下位人気馬3頭(グランレイ、タガノビューティ、ラウダシオン)の複勝を買った。池添グランレイのおかげでプラスになったものの、人気馬の取捨がドへたくそなのはどうしたものか。競馬をひさしぶりに再開した去年のほうがマシだった。新鮮だったからだろうか。

去年の初めのほうの記事を見直すと「淡々」としていた。今は「執着」に満ちている。当てたいという見栄と欲だ。それらが余計な不安を呼び寄せ、重箱の隅をつついたり脳死で大きな欠点を見えなくさせたりする。その典型例を、自分のブログに発見できてしまった(*_*)

 

レースラップは

12.2-10.5-11.1-11.6-11.8-11.8-11.6-12.4

逃げたのは藤岡祐介騎乗のビアンフェ。前半(4ハロン)を45秒4で飛ばした。

ゴール前の坂で脚があがったビアンフェはそれでも7着に踏みとどまったが、先行してついていった馬たちは、4番手につけたサリオス以外、11着以下に惨敗。あの流れで最後突き抜けるサリオスが異常だ。血統的には2歳マイル戦に出てくる馬じゃない。

後方に構えた馬のうちタイセイビジョンとタガノビューティ―が猛追して2着4着。後方2番手を追走してタガノより仕掛けを遅らせたグランレイが3着。

2着武豊、3着池添、4着和田。逃げた藤岡祐介も含めて、栗東の手練れ。

武豊は朝日杯でまたしても空気を読まない外国人に敗れた。が、最強の50歳。この寒さに50歳の体が縮こまらないはずはない、なんて考えは、自分基準でしかなかった。44歳越えたらフツー寒さが身に沁みるやろ!超人か!……超人でした、武豊。今年フェブラリーも菊花賞も獲ってるし。なんだかんだ足引っ張られながらも、すごい人だよ、この人は。

実はムーアの年齢を、私は武豊と同じか少し上だと思っていた。なぜならムーアは老けて見える。苦みばしっている。ほとんど表情を変えず、いつも何かに怒ってるようでおっかない。録画を観たあと、ウィキペディアを覗いたら1983年生まれの36歳。絶対見えねえ。日本人が、池添とか松若とか若く見えすぎるんだろか。

 

2着タイセイビジョンタートルボウル産駒。タートルボウルは私が競馬から離れていた間に種牡馬入りし、日本に来て5年くらいで 亡くなったようだ。なぜか「産駒はダート馬」という先入観があったが、欧州では芝マイラー、日本では芝ダ兼用種牡馬らしい。

3着グランレイは、馬柱を確認したときに最初に「こいつ面白い」と思った馬だ。が、他馬の柱を見ていくうちに、“グランレイだけが特別の穴馬” とは思えなくなってしまった。グランレイの買い要素は、逃げた新馬から距離短縮で見せた変わり身、武豊の隣枠になった騎手池添。買いづらい要素は、相手関係が弱かったからできたのかもしれない前走の楽勝ぶり、初の阪神、母父ファルブラヴ。もし、この朝日杯で何かの事情で池添が乗れなくなって誰かに代わっていたら、3着は無かっただろう。スナイパー池添。池添、怖い。

4着タガノビューティ―は、前2走ともダートオンリー馬らしからぬレースぶり。初心者時代からこの手の若馬が芝戦に出てきたら複勝で買うことにしていて、半兄にタガノブルグとアイトーン(どちらも芝馬)がいるのも心強かった。しかしグランレイの急襲に遭い、惜しくも馬券内ならず。それでも芝馬相手に上がり2位の脚力を見せた。関係者はこの結果で、タガノビューティ―を芝転向させる方向に傾いたかもしれない。しかし馬の将来を考えると、ダート路線を究めたほうが良いように思う。NHKマイル2着後、精彩を欠いたまま地方にいった半兄の二の舞をさせてはいけない。上手に育てればダートレースの頂点に立てる素質馬だ。

5着プリンスリターン。前走ききょうSの勝ち方がよく、時計も良かった。だが原田和馬という騎手を知らなくて、調べてみたら重賞や特別戦どころか平場もほとんど勝ってなかった。なので速攻で消した。すまん。騎乗機会に恵まれなかっただけなのね。

 

複勝買いした3頭め、ラウダシオン8着。買い要素はもちろん、「しがらき帰りでルメール続投なのに人気薄」。2歳のマイルG1で8枠は不利、という話が頭のどっかに残ってたので複勝にした。レースでは行き場をなくしていたようだ。母系の影響が強いとすれば、適性は1400mがギリかもしれない。

 

そして問題のレッドベルジュール10着大敗である。この原因について、スミヨンの不調や喉鳴りの影響との説がある。私はそこにもう二つ加えたい。

ひとつは大敗後に知ったことだが、レッドベルジュールは前走+28kgでの出走だった。新聞を読み返すと陣営は「成長分」と語っていたが、あのゲート出のモタモタぶりと後方追走が精いっぱいなレースぶりは、成長分というより “寒い時期はどっこいしょ” なのではないか。前走を大幅体重増で勝てたのは、結果的に、緩い流れだったこととメンバーが薄かったことに尽きそうだ。

ふたつめはレース映像で気がついたこと。これはまったくの私見なので逆の見方をする人もいるだろう。輪乗りの時の映像が残っていたらレッドベルジュールの挙動を確認していただきたい。サリオスを見てビビったように見えないだろうか。首を上下に振って気合い乗りを表現していた時の挙動と明らかに違う。もしこれがただの思い込みでなければ、サリオスが関東馬でクラシックに向かう予定なのが幸い、今からでも立て直しが可能だ。その際はもちろん、せめてミドルペースに対応できるように心肺を鍛えていただければ幸いである。