カタツムリ観察日記(2018.6.28~6.30)

見事に、何をさせても三日坊主になるようで、7日ぶりのブログである。

子どもの頃からブレなく三日坊主なのを、さっき人間の夕食のためのレタスをちぎりながら、つらつらと反省した。

で、思った。

三日坊主をいけないことダメなことと思うんじゃなく、三日坊主を三日坊主なりに飛び飛びにでも続ければ、それはそれで継続ってことになるんじゃないか。

○○○空空空空空空○○○空空空空空空空空○○○空空空空○○○空空空空空空○○○……これを1年続ければ1年続いたことになる。おお、わたしは開眼した!

 

6月28日

タツムリはせっかくのバナナを食べてなかった。リンゴは少し食べた形跡があった。バナナはカタツムリ的にちょっと熟し過ぎてたのかもしれない。リンゴも冷蔵庫の中に入れてたのをあげたとはいえ旬のものじゃないから口に合わなかったのかもしれない。

昔飼ってた猫を思い出した。その猫はスーパーで買ってきた刺身は食べなかった。漁師の家のおばあちゃんがリヤカーを引いて売りに来る魚や刺身なら食べた。それを猫のぜいたくさグルメさと思っていたが、カタツムリのおかげでわかった。天然の生き物のほとんど(バクテリアやダンゴ虫などでない限り)は、食べるものの古い新しいがわかり、なるべく鮮度のいいものを食べようとするのだ。ぁぃさんのブログに書いてあったことの合点がいった。

(とすると、悲惨な状況で飼われている犬なんかは生き物としてまともに扱われてないってことだ。酸っぱい匂いのごはんに酸っぱい匂いの味噌汁をかけたものを食べさせられている犬を見たことがある。やせていて、ところどころ毛が抜けていた)

 カタツムリの飼育ケースの中はバナナの匂いが充満していて、カタツムリの姿が見当たらなかった。匂いに敏感なショウジョウバエに嗅ぎつけられる前にとバナナを取り除き、土を敷いてない側のケースの底を水拭きした。水拭きしながら目で探したが、カタツムリはどこにもいない。バナナの中にいるのか?とバナナを解剖してみたが見当たらない。キュウリにもキャベツにもリンゴにも。

ふと、土を敷いてある側の隅に目が留まった。土からわずかに覗く渦巻き。

びっくりした。急いでネット検索。「カタツムリ 潜る」。

ヒットした。卵を産むときに土に潜るらしい。種類によっては冬眠・夏眠のときにも土に潜るのがいるらしい。

「カタツムリ」をネットで調べていて初めて知ったこと

その5 カタツムリは土に潜る

その6 カタツムリは冬眠だけでなく夏眠もする。

これらは、ぁぃさんのブログでも確認した。

ウチのカタツムリは、ガレージの壁から救出したときにすでに妊娠していたのか?

それとも、熟したバナナの匂いに辟易して潜ってしまったのか? あるいは夏眠?

 

6月29日

暑い。7月下旬並みの日差しの強さと気温。夏休みに入った子供たちの声が聞こえてきそうだ。

タツムリはまだ土の中。キュウリとキャベツは昨日のままで、あらたに食事をした痕跡がない。霧吹きは欠かさずしているが、どうにも心配でたまらない。ぁぃさんのブログに行って気を紛らわす。

そしたらまた新しい知見。

その7 カタツムリは基本、夜行性である。

ええ!マジですか? 知らんかった。長い生涯で、カタツムリは昼間にしか見たことなかった。

夕方、乾いてきたキュウリとキャベツを取り除き、皮をむいた赤肉メロン8分の1を置く。バナナを食べなかったのだからメロンも食べなそう。でも、ウチにはメロンが3個も残ってる。どれもみんな食べごろを数日以上経過してて、そろそろぼわぼわになりそうだ。人間もがんばって食べるからあんたも夜食にがんばって食べてね。

 

6月30日

やはりメロンは食べてなかった。熟れすぎたのはみんな残飯なのか。わしらは一所懸命、もったいない精神で残飯食ってるのか。 

野菜の売れ残りは何とかなる。葉野菜はいつでもおかずや汁物に使えるし、根野菜は日持ちがする。実物(みもの)もモノによるけど何とかならんことはない。

果物が困る。かんきつ類は温州みかん以外は日持ちがするからまだマシ。それ以外が、いやほんとにもう、ジュースやジャムにするの手間だし飽きたのよ。

ケースの蓋を開けると、蓋の内側とケースの中の数か所に、白黒のまだらフンがへばりついていた。てことは、やはり夜行性で夜になると起き出しているのだろう。白黒のまだらフンはしじみの殻を食べた証拠のようだ。

その8 カタツムリのフンには食べたものの色が出る。

メロンを外し、自家栽培から野生化して群生している青じそを、ぐねりと曲げて1本入れた(根と下のほうの硬い茎は切っておいた)。

見ていた夫が言った。

「そんな硬い、ごわごわしたもん入れるんか。拷問やな」

……はいはい、好きに言うたらよろしいが。