こわごわ

メルアドを取得してIDとパスワードを決めて、Hatenaでブログをすることにした。

Hatenaブログは、闇雲な自動言葉狩り機能で健全さをアピールする他のホスティングサービスとは一線を画しているらしい。文脈を考慮することなく、ただの一般名詞に機械的に過剰反応されてはブログをやる意味がない。成人として社会に生きている以上、PTAが小学生や中学生に要求する健全さとは健全の次元は異なって当たり前。タテマエの美文で「見せるワタシ」には、私はなれない。

それにどうやら、Hatenaブログには地味に文字ばっかりの主さんが多いようだ。写真の有無にかかわらず、いわゆる堅いテーマやネガティブな内容でも読ませるものを書いてる人が多い印象。いま、画面全体をながめて、きらきら感やカワイイ感の演出がないことにホッとしている。大人向けのブログサービスと言っていいのかな。

しかし。

書きたい、ブログやりたい!と思って始めてみたものの、何を書きたかったのかよくわからなくなってきた。

テーマはたぶんひとつにならない。

家庭内の憤懣事を書くこともあるだろうし、映画や本の感想、社会的な事件についてなどなど。しょーもないことも書くだろし。

まあいいや。